ダーククレンズの効果を最大限にするためにおすすめな飲み方とアレンジ方法を紹介

ダーククレンズの飲み方やアレンジ方法を詳しく解説!

ダーククレンズは美容効果だけでなく、デトックス効果も非常に高いといわれているので、新陳代謝をアップしながら理想の体型を手に入れたいというヨクバリ女子にはぴったりですね。

でも気になるのは、その飲み方ですよね。
おいしく飲めたり、アレンジ出来れば、飽きずダーククレンズによる置き換えダイエットを続けやすくなるんですよね。
そこでダーククレンズの飲み方や、アレンジの方法に紹介していきます。

ダーククレンズの飲み方!1回30ml(大さじ2杯ほど)、1日3回。食後に飲むのがベスト

ダーククレンズのベストな飲み方は1日3回の食後か置き換えで!
ダーククレンズはお薬ではないので、飲み方にこれといった決まりはありません。
基本的には普通の食品と同じ扱いになるので、いつ飲んでも構わないことになります。
ですがダイエットや美容のために利用するのであれば、より効果的な飲み方をチェックしておきましょう。

ダーククレンズの基本的な飲み方

公式サイトによると、1回30ml(大さじ2杯ほど)を目安に、水または炭酸水などで2~3倍に程度に薄めて飲むことが推奨されています。
あるいは、そのままストレートでも飲めます。

ダーククレンズには専用の計量カップが付いているので、これで測って飲めば飲み過ぎることはありません。

より効果的なタイミング

ダーククレンズは、いわゆる発酵エキスドリンクになります。
これは健康食品としてすでに定番になっていますが、特別いつ飲まなくてはいけないと決まっているものではありません。

飲み方も人それぞれ、各自の好みに合わせて調整することができます。
ただ、発酵飲料としての効果とメカニズムのことを考えると、朝食後あるいは夕食後に飲むのがベストでしょう。
つまり、飲むタイミングとしては一日1~3回、一回30mlを目安に、食後に飲むのがより効果的ということになります。

食後以外にもの3食の内、1食をダーククレンズに置き換えたりするのもオススメ

ダーククレンズのダイエット法でよく行われるのは置き換えだったり、普段の食事に取り入れる方法です。

例えば、夜はダーククレンズだけで済ませるなんてのもOK。
体に必要な栄養素を取り込みつつ、カロリー摂取を抑えるという一石二鳥なやり方です。

もちろんあまりにカロリーを取らないとなるとリバウンドの原因になってしまうので自分の体と相談しながら続けましょう。
分かりやすい基準としては空腹状態を出来るだけ作らないこと。
1食の量を減らして、ちょっと小腹が空いたら、ちょっと食べ物をつまむ、なんてのがOK!

ダーククレンズのアレンジ術。お水で割るのがスタンダート、その他にも豊富なバリエーションで飲める

ダーククレンズのアレンジを続々紹介
ダーククレンズのメリットの一つが、いろいろとアレンジ可能な点です。
そのまま飲むという方法もありますが、自分の好みの飲み方で楽しむことができるんです。

具体的には以下のような飲み方があるので、一つずつ紹介していきます。

  • そのまま飲む(ストレート)
  • 水で割る
  • お湯で割る
  • 炭酸水で割る
  • 牛乳で割る
  • 豆乳で割る
  • ヨーグルトにかける
  • スムージーに加える

そのまま飲む(ストレート)

まず、ダーククレンズをそのまま飲むという方法もあります。
こういった発酵ドリンクには飲みにくいタイプが多いですが、ダーククレンズは味もよくてとても飲みやすいんです。

フルーツ系の味が好きな人なら原液をそのまま飲んでも抵抗感はないでしょう。

水・お湯・炭酸水で割る

ダーククレンズの水や炭酸水で割るのもオススメ
シンプルなアレンジ方法としては、ミネラルウォーターで割るという方法があります。
体を冷やしたくないという方は、常温のお水で割ると美味しく飲めます。

寒い日や体を冷やしたくないという時には、お湯で割って飲むのもOK。

また炭酸水割りは、空腹感がつらいという人におすすめ!
特にファスティング(置き換え)ダイエットをやる人は炭酸水が良いですよ。
炭酸水のガスの効果で、同じ量でも満足感を感じやすくなります。

牛乳・豆乳・ヨーグルトで割る

ダーククレンズをヨーグルトやスムージーで割る
ダーククレンズと牛乳という組み合わせも人気のアレンジ方法です。
牛乳と合わせて飲めば、女性に不足しがちなカルシウムもいっしょに摂取することができますね。

牛乳をさらに豆乳に変えてみるというのもアリです。
豆乳なら、女性ホルモンをサポートしてくれる大豆イソフラボンを同時に摂取することができます。

また牛乳や豆乳などが体に合わない、美味しくないという方はヨーグルトにかけて食べるというのもおすすめ。
ヨーグルトとダーククレンズのベリー系の甘味が合うのでデザート感覚で飲めます。

果物を加えると、美容にうれしいビタミンもいっしょに摂れますよ。

スムージーに加える

スムージーが好きという方は、ダークレンズをシロップ代わりに加えるのもおすすめです。
ダークレンズそのものに甘みがありますので、スムージーでちょっと甘さが物足りないな、というときにも最適です。

ダーククレンズの良くない飲み方と注意点。様々な栄養素が入っているので過剰摂取とアレルギーには注意しよう!

ダーククレンズの飲み方の注意点!副作用は無いけど過剰摂取やアレルギーに気を付けよう
ダーククレンズの基本の飲み方を紹介しましたが、ここで注意点についても触れておきましょう。

基本の摂取量を守って飲む

ダーククレンズは医薬品ではないので、副作用といったものはありません。
しかし、公式サイトでも一日1~3回を目安に一回30mlという量が推奨されているように、それを超えて過剰に飲むのは控える方が良いです。

過剰に摂取すると、お腹が緩くなったり、身体の調子が悪くなるといったこともあります。

ダーククレンズは非常にデトックス効果が高いので飲み過ぎると、お腹が痛くなってしまうことがあるのです。

アレルギーにも注意

また、ダーククレンズは炭の他に乳酸菌、果物や植物エキスなどの成分が配合されています。
さまざまな食品に由来するものは含まれているので、食品アレルギーを持っている人は注意が必要です。
ダーククレンズに含まれている成分は、一覧表で確認できますので、成分をしっかりチェックしてから飲み始める方が安心です。

ダーククレンズをアレンジして美味しく飲もう!ちょい足しで体の内側からキレイに

ダーククレンズの飲み方とアレンジを知っておこう!
ダーククレンズの飲み方とアレンジ方法を紹介してみました。
これだけいろいろなアレンジ方法ができるので、毎日続ける助けにもなります。

飲み方とアレンジのおさらい

  • 一日1~3回、1回30mlを目安に食後に飲むのがオススメ
  • シンプルなアレンジは水・お湯・炭酸水で割り
  • 味に変化を求めるなら牛乳・豆乳・ヨーグルト・スムージー
  • 過剰摂取やアレルギーには気を付けて

飲み方の注意点としては、飲み過ぎにだけ気を付ければそれほど神経質になる必要もないでしょう。
ご自分の目的とライフスタイルに合わせて、最適な飲み方でダーククレンズを楽しんでくださいね。

もしダーククレンズについてさらに知りたいなら下記のページがおすすめ
ダーククレンズの良い口コミと悪い口コミに合わせて、メリットやデメリットも紹介しています。